« 百ます計算 | トップページ | くりかえし »

2006年2月 9日 (木曜日)

はじめてのことば

「こーじね、きょう幼稚園で女の子を突き飛ばして泣かしたんよ。」

”カズぼん”の服を脱がしながら扉の外でよめさんがいった。

”こーじ”は4歳で、この4月から幼稚園に行く予定だが、今からよめさんが時々遊びに連れて行っている。

私のひざの上にのっていた”こーじ”が突然動いてこちらを向き背中を浴槽の壁につけた。

私の顔を見ている。

怒った顔をしている私を見て、いつもの顔で泣き出した。我慢したいけど、我慢しきれず絞り出すように。

「なんでそんなことした?」

「だって線がいらないから・・」

”けんぱ”のまるをかいていて、どうもその女の子が”こーじ”の思わない部分に線をひいたようである。

「こーじ、小さい子や女の子を突き飛ばしたらだめ!」

”こーじ”がわーっと泣き出した。

「こーじ、これからはもうしないね。もう今度からあかんで。」

「ひ、ひ、・・うん、」

「わかったらもういいから。」

かおをくしゃくしゃにしながらこちらに倒れ込んでくる。

そして”カズぼん”登場。

最近傍若無人ぐあいに磨きのかかった”カズぼん”は私のひざの上で半べそをかいている”こーじ”を尻目に浴槽の中を歩きまわる。

お気に入りの蛇口の下でくるっとこちらを向いた。

お湯の中を見つめている。すっと手を伸ばし、”こーじ”のまたのところへ。

「きゃっ」と”こーじ”がからだを揺する。

”カズぼん”はそれから自分のまたのところに手をやり、「ちんち」と一言。

”こーじ”が笑った。

それにしても、「あ」と「おっ」しか聞いたことがなかったのに、はじめて聞いた”カズぼん”の単語がよりによって・・・

|

« 百ます計算 | トップページ | くりかえし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152312/8584580

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのことば:

« 百ます計算 | トップページ | くりかえし »