« ムツカシイとしごろ | トップページ | 自信過剰おやじ »

2006年2月28日 (火曜日)

切れてる?

「はい、どっち?」

”あっくん”が小さいころからおふろに浮かせていた青いスーパーボール。

どちらの手にかくしているかあてさせる遊びを子供たちにさせていたら、このごろは”こーじ”がそれをわたしにやってくれる。

でもねえ、小さな手からボールが見えてるよ。

何度やってもあてられて、つまらなくなってきたころ、”カズぼん”がボールを奪い取った。

「ああーん、ああん!」

わめきながら”こーじ”が取り返そうとする。

「こら、こーじ、だめ、いいから、貸してあげ。」

「でもー、こーじの。」

「こーじ、切れてる?」

「どこが?」

「こーじっ!・・切れてる?」

あっ、と”こーじ”が気づいた。

「切れてないです。」

人差し指を顔の前に立て左右に振りながらニコニコして答えた。

”こーじ”はたぶん、お笑い芸人になるだろう。

・・・・・

”あっくん”が滑り込んできた。

「あっくん、切れてる?」

「知らない。」

「あっくん、だめじゃーん。」

と、”こーじ”が”あっくん”の頭をパシンと叩いた。

かなり強く。

”あっくん”は怒らなかった。

「こーじ!なにするんや!」

私が叱ると、突然火がついたように泣き出した。

「どうしたの?」

よめさんが扉の外から聞いた。

泣きながら”こーじ”がふろからあがっていく。

ぜんぜん泣きやまない”こーじ”に

「こーじ、切れてる?」と聞いてみた。

さすがに泣き続けている。

しかし、よく見ると、うぇんうぇんいいながら人差し指を振っていた。

|

« ムツカシイとしごろ | トップページ | 自信過剰おやじ »

コメント

こういう場面でギャグを取り入れて、子供の気をそらせる?やりかたって、きっとお父さんならの余裕なんかもね・・・女親はこういうときはきっとお説教になるかも^^;

投稿: wako | 2006年3月 1日 (水曜日) 23時11分

うーん。よく考えてみると、女親のほうが子育てに真剣!ということなのではないでしょうか。
心の底では、「まかせているから」という気持ちがあります。
いいかげんな、という意味ではありませんが、ちょっとスタンスをかえて接しているんだ、と自分にはいいわけしています。

投稿: ohuropapa | 2006年3月 1日 (水曜日) 23時22分

私が言いたかったのも「いいかげん」とかの意味ではなく、スタンスの違う反応を親がすることによって、子供も救われたりしているんだろうなぁ~と思ったのです。
今回のお話を読んで、やっぱり子供にはお父さん・お母さんの両面から刺激されるっていいことなんだなぁ~と再確認した、ということです。

投稿: wako | 2006年3月 2日 (木曜日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152312/8883110

この記事へのトラックバック一覧です: 切れてる?:

« ムツカシイとしごろ | トップページ | 自信過剰おやじ »