« はじめてのことば | トップページ | ムツカシイとしごろ »

2006年2月12日 (日曜日)

くりかえし

「てぃんてぃんぶりぶりそんせんじー」

両手を腰にあて、おしりをふりながら”こーじ”が湯船に立って踊っている。

「こーじ、肩まではいらんとまた風邪ひくぞ」

私のひざの上の”カズぼん”がひょいと振り向きニコニコしながら左手を伸ばして”こーじ”のおちんちんをさわる。

きゃあきゃあいいながら、でもさわられたままだ。

クレヨンしんちゃんの実写版があれば間違いなく”こーじ”が主役に選ばれるだろう。

先に自分のからだを洗おうと”カズぼん”をひざから下ろし湯船にたたせる。

最近はひざをまげて肩までつかったりするのであまり倒れる心配はしていない。

見ていると、耳まで湯につかり後頭部をぬらして気持ちよさそうに目を閉じている。

その様子は、むかし共同浴場で見た近所のおじいさんにそっくりだ。

今日は1日中体育館だったためか頭がかゆい。よし、思い切って先に頭髪を洗うぞ。

ふとみると”カズぼん”が沈んでいた。

わおーっっっ!

あわてて抱き上げる。ごほんごほんと咳をした。

すぐ気づいたのでよかったが・・

浴槽には”こーじ”がいるのだが、やはり役には立たなかった・・

これは笑い話ではすまない。猛烈反省。

「誰かあがる?」”あっくん”が外から聞いた。

「はいっておいで」”あっくん”にたのもう。

「あっくん、カズぼんみといてや。さっき沈んでん。」

「えーっ!ほんと?」

さすが8歳。じょうずに抱きかかえている。

・・

・・

そういえば突然思い出したことがある。

私が小さい頃、父親がよく言っていたこと。

それは社宅の共同浴場でわたしがおぼれかけた話。

それも父親が頭髪をあらっていたときだ。

ふっと見ると、もがいていたそうだ。

まさかそういうことが遺伝するとは思えないが。

私が小学校の2年生のとき、社宅の運動会で父親は徒競走に出場し、アキレス腱を切った。

ことしの秋は気をつけよう。

|

« はじめてのことば | トップページ | ムツカシイとしごろ »

コメント

ここでは始めまして^^;
日々子供たちとの楽しい時間がほのぼのとしていていいねぇ~
こんな時期が我が家にもあったのよねぇ~と懐かしく思いながら読んでおります。
パパの奮闘振りこれからも楽しみにしてるヨン^0^v

投稿: wako | 2006年2月15日 (水曜日) 22時41分

楽しく読んでます^^我が家の息子もクレヨン新ちゃん大好きで、おしりふりふりしてました。何となく昔の息子の姿と重ねながら、笑みがこぼれるお話の数々楽しいですね。これからも、
楽しみにしています。

投稿: kawahara | 2006年2月16日 (木曜日) 14時57分

wakoさん、kawaharaさん(なんちって)コメントどうもありがとう!うれしいです。
おふろ(あふろ?)のじかんに限定してブログをはじめてしまったので、いつネタ切れになるかなと心配していましたが、小さい子はどんどんかわっていきますね。
小さい時はかわいいけど、これからどんどんそういうわけにも行かない場面に出会うのだろうと覚悟は一応しています。
子育て先輩として、いろいろ教えてください。

投稿: ohuropapa | 2006年2月16日 (木曜日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152312/8629900

この記事へのトラックバック一覧です: くりかえし:

« はじめてのことば | トップページ | ムツカシイとしごろ »